1046勝

  • 2011.07.18 Monday
  • 01:39
さかです!(o^∇^o)ノ

今日は、いきなり本題です(笑)

大相撲名古屋場所が、今月10日から開催されています。
夏場所が技量審査場所となり中継されませんでしたが、NHKの中継も今場所から再開されました。
その名古屋場所で、大記録が生まれました!ヾ(=^▽^=)ノ
大関・魁皇関の通算勝利数が、あの千代の富士関の1045勝を越え、1046勝となったのです!!(*≧∀≦*)

ニュース記事に写真があるので、こちらに貼っておきます。
『魁皇が通算1046勝 千代の富士抜き歴代1位』
http://www.asahi.com/sports/update/0714/NGY201107140013.html

今場所が始まる前よりあと1勝で1045勝に並ぶと言われており、今場所で千代の富士関の記録を抜き歴代1位になるだろうと期待されていました。
しかし初日から3連敗が続き、大記録へ足踏みしてしまいました。
そして迎えた4日目の豊ノ島関との一番に勝利し、横綱・千代の富士関の記録に肩を並べました!
この記録達成について、魁皇関はこう話しています。
「自分は何をやっても簡単にはいかないし、自分らしいと言えば自分らしい」
そして、千代の富士関の記録に並んだことについて
「九重親方(元・千代の富士)の記録は、余力を残したまま、引退するまでに達成したもの。自分は必死でやっと勝っている。比べるのは違うと思う」

翌5日目。
旭天鵬関との一番に勝利し、通算1046勝を達成し歴代単独1位となりました!(^O^)
最後は魁皇関らしい寄り切りで勝利しました。

僕は、この記録を達成した中継をリアルタイムで見ていたのですが、勝った瞬間思わず拍手してしまいました+。:.+。(*´p∀q`)
場内の観客全員が、この大偉業を成し遂げた魁皇関に万雷の拍手を送っていました。
魁皇関は記録達成後も普段通り、支度部屋へと引き上げていきましたが、その姿はとても大きく見えた気がしました。
NHKの実況アナウンサーや解説の方も、涙ぐんだ様子で魁皇関の記録達成を褒め称えていました。

実は僕は、相撲の大ファン……とまではいかないにしろ、相撲が好きなんです。
祖母の影響で、小学生の頃に、よくNHKの中継を一緒に見ていました。
当時は若貴ブームで、僕も若乃花関が好きでよく見ていました。祖母は、若貴以外にも舞の海関や智乃花関が好きでした。
祖母は、舞の海関や智乃花関が、小柄な体型ながら大きな力士相手でも怯まず、負かしてしまうのがとても気にいっていたようでした。
僕も同じく若乃花関が、体格の大きい関や武蔵丸関を相手に奮闘する姿にとても感動していました。
それからしばらくは、相撲は時々見る程度だったんですが、魁皇関の大記録のかかった試合、絶対に見たい! と思って、久々にじっくりと中継を見ました(*´∀`*)

野球賭博や八百長問題など、さまざまな問題が巻き起こる角界ですが、魁皇関のこの大記録達成のように、コツコツと地道に相撲人気が回復していけばいいですね。

なにはともあれ、魁皇おめでとうございます!!v(*´>ω<`*)v


<7/26 追記>

この記事を書いた翌日に、衝撃的なニュースが飛び込んできました。
魁皇関が引退することを表明したのです・・・・・・。
翌20日に相撲協会に引退届を提出後、会見を開き正式に引退を表明しました……。(;_;)

3勝6敗で迎えた10日目、大関・琴欧洲関との取り組みに敗れ7敗目を喫したあと親方との話し合いの結果、引退することを決断したそうです。
友綱親方は、「本人からの意向で引退と聞きました。詳しいことは明日、記者会見させていただきます。よくやってくれたという言葉だけです」と説明しました。
7日目の取組に勝ち、通算勝利数を1047とした一番が現役最後の勝利となりました。

開かれた会見の席で魁皇関は今までの相撲人生を振り返り
「やり残したことはない。最高の相撲人生だった」と晴れ晴れとした笑顔で語ったそうです。
また、
「やっと終わったな。長かったと思う。振り返れば、いろんな人に支えられ、応援してもらった。こういう人たちがいたからここまでやれた。23年間の相撲 人生は長い。簡単には振り返られないけど、全ての人に感謝したい。言葉にできないほど感謝でいっぱい。魁皇としての人生は最高でした」とのコメントも発表し、魁皇としての相撲人生に幕を下ろしました。

今後は、年寄・浅香山を襲名した後、友綱部屋の部屋付き親方として後進を指導していく予定だそうです。

長い長い相撲人生で積み重ねてきた、1047勝という偉業はまさにあっぱれ! と言いたくなるほど素晴らしいものでした。
これで大関以上の日本人力士がいなくなってしまうのは残念ではありますが、魁皇関の記録に続くような力士が出てくるといいですね。
魁皇関、本当にお疲れ様でした。m(__)m

また、名古屋場所ですが、大関・日馬富士関が14勝1敗で2年ぶりの優勝を遂げました。
全勝優勝のかかった最終日は惜しくも破れてしまいましたが、横綱を敗った一番といい今場所は非常に強かったですね!
おめでとうございます!ヾ(=^▽^=)ノ

スポンサーサイト

  • 2018.12.14 Friday
  • 01:39
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    時計

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM